違いから広がる視点

アメリカの病院管理栄養士さんと
日本の病院管理栄養士さんによる、
『グローバルニュートリションラボ』。
今日は第一回目となる
ケーススタディの勉強会でした!

2型糖尿病患者さんの栄養指導で
アメリカでは「カーボカウント」が主流。
血糖コントロールのために
炭水化物量を調整します。

(日本では摂取カロリーを
意識する栄養指導も多い)


また、心臓病などの栄養指導で
魚不足を補うために
『フィッシュオイル』をすすめたり、
(普通にお店に売っているそうです)

妊婦さんも当たり前のように
『フィッシュオイル』を
サプリとしてとっている。

日本でも若い方の
魚離れがみられるため、
選択肢の一つとして
知っておくことは大事😊


他にも糖尿病性腎症や
減塩についてなど、
具体的に教えていただきました✨

世界を知ることの
楽しさと大切さ。

広い視点で物事を伝えることのできる
管理栄養士を目指していきたいです💪


そして大変恐縮ですが、
来月は働き方について
登壇させていただくことになりました!

昨年主催した、学生さん向けの
『管理栄養士の働き方』コミュニティ。
今年も夏休み期間に企画を考えていたので
ちょうど良い機会をいただきました✨

参加費無料なので、
ぜひ興味ある学生さん
お待ちしていまーす!!

はれいろごはん

ママと子どもの栄養・健康サポーター

0コメント

  • 1000 / 1000