絵本で食育

我が家にはたくさんの絵本がありますが

その中でも

子ども達の「これ読んで!」率が高い

【食】に関しての絵本が何冊かあります。


今日は少しご紹介!


やさいのおなか(福音館書店)

「これなあに」と

野菜の断面図が描かれていて

子ども達が「かぼちゃー!」と

クイズ当てのように楽しめる1冊です。

野菜の断面って、なかなか見る機会がないですよね。


料理中に台所から

「これからナスのおなか見てみる?」

と声をかけると、喜んで走ってくる子ども達。

そうなんだー!不思議だなー!と言う感性から

野菜を身近に感じてもらえたらいいなと思っています。



にんげんはたべたものからつくられる(ナート)

おばあちゃんが子ども達に言います。

「よくおきき。にんげんはたべたものからつくられる」

アイスばかり食べたら・・・アイスソフソフ!

お魚ばかり食べたら・・・ぎょぎょぎょマン!

お野菜ばかり食べたら・・・ベジベジン!

と、そればかり食べると怪物になってしまいます。

じゃあ、なんでも食べたら・・・

スーパーミラクルウルトラパーフェクトマン!!

になれるお話。


これを読んだあと、2日くらいは影響されて

「パーフェクトマンになるんだ!」と

得意ではない食材も頑張って食べようとしてくれます。笑



すごいぞ!やさいーズ(オレンジページ)

野菜の効能を子ども達にわかりやすく、

それぞれの野菜をキャラクターにしながら

説明してある図鑑です。


5歳くらいになると

この栄養がどのような働きをするのか、

どう調理すると美味しくなるのかなど

理解できるようになるため、この本を読んでは

「ママ、人参は油で炒めると

パワーアップするよ!」

などアドバイスをしてくれます。


他にも、気になる【食】の絵本って

たくさんありますよね!!



絵本はいつも子ども達のそばにあり

ゆっくりと読み聞かせてあげると

目から、耳から、くっついている温かさから

子ども達は空想を広げ

たくさんのことを感じとっているようです。


私自身、第一子妊娠中の自由な時間を使い

生まれてくる我が子に、下手なりに

伝えたい【食】のことを詰め込んで、

紙芝居と絵本2冊を作成しました。

(素人なのでお恥ずかしいですが…)

今でもお気に入りになってくれていて、

伝えたい思いも少しは伝えられたかなと思っています。


絵本の持つ力って大きいですよね。

目から入る色とりどりの世界と

語りかける優しいお母さんの声から

たくさんの「おいしい」が

見つけられるといいなと思います。



   





はれいろごはん

ママと子どもの管理栄養士サポーター

0コメント

  • 1000 / 1000