【POV】子どもの食事中の事故

咀嚼機能が未熟な子どもは、食事中の誤飲や窒息が起こりやすくなります。

食べ物では、ミニトマト.ブドウ.ピーナッツ.もちや団子.パン.海苔など、丸いものや口の中に張りつくもの、水分の少ないものは注意が必要です。

事故の予防には、丸のままあげない、小さく切る、目を話さない、与えないことが大切です。

また、スプーンや箸などの食具、歯ブラシなど持たせたまま歩かせて、転倒して喉を刺さないように気をつけましょう。

思い通りに動いてくれないのが子どもですからママは大変ですが、知識を持つことで防げる事故もあります。

我が家でも「歯ブラシ口に入れたら、その場でお座り」のお約束をしています^_^

はれいろごはん

ママと子どもの管理栄養士サポーター

0コメント

  • 1000 / 1000