かぶの葉ふりかけ

美味しそうなかぶが

店頭にたくさん並んでいます。


かぶの旬は2回あって

3〜5月の春と

10〜11月の秋。


特に、春かぶは葉が柔らかく

アクが少ないため、

丸ごと調理するのがオススメです。


実はかぶの葉、

白い根よりも栄養が豊富!

子どもの成長に欠かせない

カルシウムや鉄分も多く含みます。



でも、どうやったら

かぶの葉を美味しく食べられるかな〜

といろいろ考えた時、

【かぶの葉ふりかけ】を作ってみたら

今では我が家の人気メニューにランクイン!


かぶが売られていると

子ども達が「ふりかけ作って!」と

葉っぱ目当てで購入するくらいです^_^


薄味に調理すれば、

小さなお子さんでも安心して

野菜の1品料理としていただけます。


「白いご飯をあまり食べてくれなくて…」

「ふりかけデビューしたくないんだけど…」

と悩むお母さんもいられますよね。


意外と【かぶの葉ふりかけ】作戦

いけるかもしれませんよ!?


ぜひ、かぶが旬の季節に

体にも心にも美味しい

【かぶの葉ふりかけ】はいかがですか♪




〜簡単な【かぶの葉ふりかけ】レシピ〜

①かぶの葉をみじん切りにする

②油で炒める

③しんなりしたら、酒としょう油で味付け

④お好みで干しエビ、しらす干し、鰹節、ゴマなど加える

(我が家はダシを取った後の煮干を入れます)

⑤最後にごま油を少々

はれいろごはん

ママと子どもの管理栄養士サポーター

0コメント

  • 1000 / 1000